採用情報


齊藤 航平
法学部卒
2018年入社
管理課配属
北斗工機に興味を持っていただき、ありがとうございます。
北斗工機の雰囲気を感じ、理解を深めてもらえるようにと、
若手の先輩(二口涼介さん)とこのページを作りました。
入社後の自分の働く姿がイメージできるでしょうか?

 
 北海道の農業の役に立ちたいとの思いから生まれた会社です。
「技術集団」と「人との繋がり」が両立しているのが面白いです!

二口 涼介さん
機械システム工学科卒
2017年入社
技術部配属

◆どんな仕事をしていますか?

私は今、豆類貯留調製施設新設工事の現場監理をしています。
その中で私が主に担当している仕事は、作業予定報告書・安全指示書・作業日報の作成、新規入場者教育、写真管理などです。
現場では、日々状況が変化する中で大変でもあり、またその変化が楽しさでもあります。
大きな建物の中に大きな機械があり、施設として動く瞬間を楽しみに私は仕事をしています。


◆入社して悩んだこと、成長したことを教えてください。
私が入社してから悩んだり困ったりしたことは、数多くあります。
現在は現場監理をしており、機械の名称や特徴がわからず困ったときには、他の社員の人に聞いて、一緒に現場を回り学んでいます。
他にも職人さんに聞いたりしながら日々学んでいます。
今はまだ、機械の名称や特徴、また工事の進め方などを学んでいる状況です。



資料の作成中。
「後ろで撮影されているとやりにくいなあ」という雰囲気が伝わってきますね。



現場にて。
先輩から設備の説明を受けています。
厳しい指導に心が折れそう・・・、とはならず丁寧な説明を受け、決意がみなぎる涼介さんです。

図面通りに作られているか、施設の見回り中です。
後ろ姿ではわかりませんが、施設が形になっていくのを見て感涙中です。

図面と実物の確認作業中です。
ヘルメットとライトの装備は基本ですが、やはり浪漫心をくすぐるものがあります。